東南アジア進出企業向け「最適なサービスが見つかる資料サイト」

会員登録して資料ダウンロード

(入力1分、無料)

会員の方はこちら

※ご入力のメールアドレスにダウンロードURLが送られます

※競合調査でのダウンロードはご遠慮ください。

新しいベトナム進出形態、GEOとは?

Powered by AAA CONSULTING CO.,LTD.

ベトナムにて事業を行いたい企業、事業者向け

海外進出時のよくある課題例(悩み・失敗)を解決するため、入念な調査や現地事情や商習慣の理解が必要となるがまた、出張ベースでは限界がある / コロナ禍で行き来がしづらい昨今、進出失敗も多く見られます。
事例を通じて、ベトナム進出形態や進出方法について様々な角度から検討する必要があります。

①ベトナムに進出する際の進出形態について
日本企業がベトナムに進出する際の事業形態のメリット・デメリット
1. 現地法人
2. 支店
3. 駐在員事務所
4. プロジェクト企業
5. Global Employment Outsourcing(GEO)/ 雇用代行

②今後のベトナム進出形態について
1.オススメしたい海外進出プロセス
日本企業は伝統的に拠点設立ありきで海外展開を考える傾向にある。
現地法人設立せず、市場調査・テストマーケティングを実行した仮説検証結果を基に、1~2年の間に本格進出を意思決定するのが望ましい。
グローバル競争が激化する昨今、リスクを最小化して ”まず試す”というスピード感のある海外展開が必要な時期に来ている。
2.GEOは海外進出の有力な選択肢

③フェーズ別コスト概算例(法人設立の場合)

FEATURE事例/特長

GEOは海外進出の有力な選択肢
Global Employment Outsourcing(GEO)/雇用代行の活用メリット
①迅速な海外進出
→設立手続き不要で最短1週間で事業開始可能
②バックオフィス負担ゼロ
→法人として必要な決算・税務申告や雇用に関連して発生する給与計算・社会保障・人事労務手続きが一切不要
③コスト・リスク低減
→少ない初期投資で開始可能。ランニングコスト削減、撤退時に法人清算も不要

・最初から現地法人で大きく始めるほどの確信がない場合、まずGEOでスモールスタートする方がコストメリットも大きい
・GEOは現地法人設立と二者択一ではない。まずGEOで事業をスタートし事業が大きくなる見込みがついた時点で現地法人に移行することも可能
・現地法人に移行する場合、GEOで雇用していた人員は当然現地法人に移籍するため事業継続性を保てやすい

新着資料 新着資料一覧を見る

人気資料 人気資料一覧を見る

アップアジアとはアップアジアを初めてご利用される方へ

アップアジアは、東南アジア進出企業向け資料展示サイトです

東南アジアでのビジネスを成功に導くためには自社に最適なパートナーやサービスを見極めることが重要です。一方で、東南アジアに進出している法人向けサービスの情報源が少なく何を参照すれば良いか分からないという悩みや、それぞれの会社に問い合わせや資料請求をしているとそれだけで多くの労力や時間を要してしまうといった課題があります。アップアジアでは、東南アジアでビジネス展開をしている企業、これから東南アジアへの進出を検討している企業向けに幅広いサービス資料が掲載されています。気になったサービスの要点や特長を簡単にチェックでき、サービス資料をダウンロードすることが可能です。東南アジアのB2B資料をダウンロード出来るアップアジアで「東南アジアのビジネスを加速」させましょう。

貴社サービス資料やホワイトペーパーをアップアジアに掲載しませんか?

見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをアップアジアに掲載ください。
成果報酬型で情報掲載の出来るリード獲得メディアです。(掲載には審査が必要です)。